舞台「漂白剤」

山下菜美子プロデュース「漂白剤」 於:テアトルBONBON

浴槽に横たわる「先生」と暮らす女を、栗生みな、中野裕理、相笠萌、佐藤仁美の四人のキャストが演じる約40分間の一人芝居。
自分は5/16 20時(相笠萌)・5/18 13時(相笠萌)・5/18 17時(栗生みな)
の三回観劇。おなじ脚本、演出なのに相笠回と栗生回では「私」の醸し出す気配がガラリと変わる。
40分間、客席の咳どころか物音ひとつも許されないような緊迫感ある作品で、最初から最後まで静かにピンと張り詰めた、あんな客席は経験がない。
できれば全キャスト分見たかったが、見る側の精神的な負荷も相当高く二人分までで断念。
わかりやすく「先生」は浴槽の中でもう死んでいるのだが、個人的にはあえてこういう解釈をしている。

相笠萌は「吸って吐く」と「漂白剤」で役者の階段を一気に二段くらい登った印象。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です