舞台「佐山家シンフォニア」

2019/12/15マチネ シアターザロケッツ「佐山家シンフォニア」(六行会ホール)
亡くなった佐山家当主の三回忌、久しぶりに集まった家族や来客の中には大事なことを告白したい者が何人もおり、またそれをなんとか隠したい人もおり。ごまかそう、隠蔽しようとすることが勘違いを生み、ボタンの掛け違いはどんどん大きくなっていって。
ロケッツ作品には、どんなにドタバタになってこれ以上笑ったら呼吸困難になるんじゃないかと恐怖させられても最後はしっかり人情噺に着地してくれる安心感があるが、これはまさにその「ロケッツらしさ」の見本のような作品。
今回の上演の前に初演のDVDも見ているが、再演では演技や演出があちこちパワーアップしている。箱自体がテアトルBONBONから六行会ホールに変わったことによってセットが大きくなり、特に部屋の窓が大きくなったのもうまく活かしていて、手前の芝居と並行して窓の外でとんでもないことをやっていたりする。
あと、毎度ながら林里容さんの声がいいよね。

シアターザロケッツはちょいちょい作品を再演している気がしたが、本公演の再演はこれが初とのこと。他の再演(「雨のち晴れ」とか)はすべてプロデュース公演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です