舞台「ヤンキャバウォーズ」

WITHYOU「ヤンキャバウォーズ」於:シアターモリエール、2019/7/20マチネ

原作漫画「ヤンキャバ・ウォーズ~六本木元ヤンキャバ嬢大戦争~」の舞台化。
高校卒業目前のヤンキー女子校生がキャバ嬢に喧嘩を売ってあっさり返り討ちにあい、見返すために同じ店で働くことに、という、「不良が何かで才能開花」もので、大枠は決まってしまうから演出と演者勝負。
その演出・脚本はシアターザロケッツの荒木太朗さん。彼自身の劇団でのホストクラブもの「シャンパンタワーが立てられない」(→過去記事)もとてもいい出来だったので期待。その期待を裏切らない出来だった。原作は現在kindle unlimitedで無料で読めるので通読したが、かなりのセリフと人物造形をそのまま活かしつつ(ドレスの選択なんかも似せてる)、いくつかの設定変更(きっかけとなったキャバ嬢を原作と違って同じ店に、オーナー店長のキャラ造形を変更、最初の嫌な客を終盤のキーマンに配置など)で二時間にうまくまとめているのがさすが。
そして演者。店のオーナー役・渡辺裕之さんの貫禄と洒落っ気、ナンバーワンキャバ嬢・ 麗奈役の副島美咲さんの別格感、IT企業社長役古賀司照さんの強烈な曲者感と表現の振り幅。
これを相手にしての美羽役・岡田彩花さん、序盤のヤンキーからいっぱしのキャバ嬢への成長を二時間の間に見せていてお見事。成長したなあ。
出演者の中に現役マジシャンがいることもあり、前説と作中にマジックが出てくるのも舞台ならではのアレンジで楽しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です