舞台「ありすいんわんだーらんず」

ありすいんわんだーらんず」於:中野ザ・ポケ・ト、2019/7/20ソワレ

「不思議の国のアリス」をモチーフにした作品。
大金持ちの一人娘西園寺アリスが兎のような男を追いかけて穴に落ちるとそこにはお茶会をしている面々やらトランプの兵隊やら、といういかにも「アリス」な設定から、どっかんどっかん笑わせつつ独自の世界に進んでいき最後は泣かせてくる巧妙な構成。細かい伏線も多く、こういう作りだと知っていれば二回は見たかった作品だった。
元のアリスにはいない登場人物が何人かいるのだが、特に穴に入ってきてしまった私立探偵が完全に「探偵物語」の松田優作のパロディで、世代的には反応せざるを得ない。関西弁の兄妹の西成・天馬の天馬を演じる與儀ケイラ、さすがに関西弁のセリフとあって活き活き。
序盤のアリスの異常に長い自己紹介のひとり語りの、その最中「どさどさと」降ってくる桜の花びらだけで「この舞台ちょっと普通じゃないぞ」と伝わってくるのだが、クライマックスでは客席にもどさどさと花びらが降ってお客さんまで紙吹雪まみれに。マチソワの間の掃除は相当大変だったと思う。
舞台美術もアリスのモチーフをうまく活かしつつ「え、そこ可動なの?」と最後にわかる仕掛けもあり。トランプたちの魔法バトルのシーンなど照明の使い方も上手い。
それにしてもあの長台詞をだれずにやりきれる多田愛佳、ほんとに腕があるなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です